Chinese (Simplified)EnglishFrenchJapaneseRussianSpanish

先端映像メディアによるディスプレイの設計を行います。

科学コミュニケーションを促進するツールとして、映像メディアを位置づけています。弊社では新しい展示手法でデジタルアーカイブを身近なものにします。ビッグデータをもとにした4Kの超高精細大型ディスプレイやスクリーンでの可視化、地球環境データベースの開発、MRによる臨場感ある展示など、イメージから直感的な学びが感じられるようなシステムを提案・開発いたします。

台風メモリーズ/TYPHOON MEMORIES

(2009年、日本科学未来館。国立情報学研究所との共同研究・映像手法開発、ライゾマティクス)

過去に日本に被害をもたらした大型台風のアーカイブ・気象データを活用し、床と高い壁2面の計3面に台風情報の映像を投影するシステムです。「実写型ハザードマップ」において、観客はスクリーン前に設置された操作卓に進みます。そこには台風による高潮の最高水位ごとに色分けした線があり、いずれかを指定すると壁に実際の高潮を再現する映像が投影され、別の壁には気象データと当時の被害状況を示す写真が映し出され、実寸でリアルに台風を感じることができます。)3月29日、9月12日実施。

お問い合わせ下さい

「21世紀のリバーストーリー(川物語)」

(2005年 愛知万博、地球の授業。上映はドーム。近清武、中村俊介、池側隆之、名古屋芸術大学との産学連携、上映時間○分)

川の魅力を伝える映像展示および環境教育イベント(インタラクティブ・デジタルコンテンツ+ハイビジョン映像作品)を愛知万博「瀬戸会場」と「地球の授業」にて開催しました。日本の代表的な河川特徴をもつ豊川の空撮、水中撮影、鳥や魚などから見た映像や源流から下流までの川の断面映像から、新たな「川物語」を再発見するしくみです。また来館者の動作と音声をシンクロさせたインタラクティブシステムにより、川の記憶をさらに掘り起こし、21世紀の川の物語「知」へ紡ぎます。

お問い合わせ下さい

超小型カメラ(Gopro)を使った360度全方位カメラユニット

(GLOBAL SYSTEM株式会社との協力体制)

Goproカメラを6台接続し、360度全球体100%の動画撮影を可能にしたFreedom360°のご紹介を、日本総代理店(GLOBAL SYSTEM株式会社)の中谷氏のご協力で行います。
レンタル、販売だけでなく、撮影やコンテンツ制作(ドーム化)、上映までの提案も行います。

(株式会社ワンダーエンタテイメント)

高臨場感コンテンツ

AR、VR、360度方位パノラマ、4k高精細映像、3D立体映像、ドーム、大画面映像といった高臨場感コンテンツは、大学や研究所、企業などの研究成果のプレゼンテーションから文化財などのデジタルアーカイブ、店舗におけるディスプレイなどにも活用できます(提供は関連会社の株式会社 ワンダーエンタテイメント)。たとえば、以下のような事例でも○○が使われています。

お問い合わせ下さい